斎場御嶽

sns

α7RⅢ  +  FE 16-35mm F2.8 GM

斎場御嶽(せーふぁうたき)
15世紀-16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽。「せーふぁ」は「最高位」を意味し、「斎場御嶽」は「最高の御嶽」の意味となり、これは通称である。
正式な神名は「君ガ嶽、主ガ嶽ノイビ」という

一度も行ったことが無かったので、今回とても楽しみにしていた場所です。
駐車場に着いた途端に激しい雷雨、これは『来るなと言うことか?』と思いつつもせっかく来たのだから意地で向かいました。
着いてみると、その天候のおかげで他の観光客は一人もおらず、一人で神聖な場所をじっくり味わえました。

深く湿った森にある巨大な岩の祭壇はまさに神秘的。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中